TOP > 保険法施行に伴う取扱内容変更に関するお知らせ

保険法施行に伴う取扱内容変更に関するお知らせ

保険法施行に伴う取扱内容変更に関するお知らせ
〜契約者保護の一層の充実のための改定です 〜

保険・共済契約に関する基本的なルールとしての、「保険法」が平成22年4月1日に施行されます。これに伴い本組合では、平成22年2月1日以降に保障を開始する共済契約(更新契約を含みます)から保険法改正に対応した約款(以下「新約款」といいます。)に変更いたしました。なお、保険法の一部の規定は、保険法改正に対応する前の約款(以下「改定前約款」といいます。)にて締結されたご契約にも適用されます。

※保険法改正の概要については、(社)日本損害保険協会ホームページをご覧ください。

新約款適用の対象
となるご契約
平成22年2月1日以降に更新されるご契約が対象となります。
更新前の
ご契約について
平成22年2月1日以降、まだ更新時期を迎えていないご契約につきましては、平成22年4月1日から満期までの間、改定1改定2のみ自動的に適用になります。(経過措置)
ご契約へ
の影響
保険法の施行に伴う約款改定について、共済金額・共済掛金・支払事由などの保障内容について、契約者・被共済者・共済金を受け取られる方の不利益となる改定はございません。

保険法対応による改定

改定1

共済金のお支払い期限が明確化されます

共済金をお支払いするにあたっては、事実確認のために特別な照会や調査が必要となる場合がありますが、「改定前約款」では、そうした場合における共済金のお支払期限が明確に定められていませんでした。
「新約款」では、適正なお支払いを実現するべく、標準的な共済金のお支払期限を従来通り30日としたうえで、事実確認のために特別な照会や調査が必要となる場合における共済金をお支払いする期限についても明確に定めます。
事実確認のために特別な照会や調査が必要となる場合には、確認が必要な事項および共済金をお支払いする期限(内容と期限については下表の通りです)をお知らせします。

【特別な照会や調査の事例】

特別な照会や調査の内容 共済金をお支払いする期限

〃抻 検察、消防その他の公の機関による捜査・調査結果の照会

180日

医療機関、検査機関その他の専門機関による診断、鑑定等の結果の照会

90日

8絨箴祿欧瞭睛討よびその程度を確認するための、医療機関による診断、後遺障害の認定に係る専門機関による審査等の結果の照会

120日

ず匈乙濬法が適用された災害の被災地域における調査

60日

テ本国内において事実確認を行うための代替的な手段がない場合の日本国外における調査

180日

※この規定は、平成22年4月1日以降に発生した事故であれば、「改定前約款」にて締結されたご契約についても適用されます。(経過措置)

※共済金を支払期限経過後にお支払いする場合には、期限を超えた期間について遅延利息をお支払いします。

改定2

重大事由による解除が適用される場合をより具体化します

共済契約者や被共済者が共済金のお支払いを受けようとして故意に損害を生じさせた場合や共済金請求について詐欺を行った場合など、共済契約者、被共済者または共済金受取人に、本組合との信頼関係を損ない、共済契約を存続することが困難となるような重大な事由があるときは、本組合が共済契約を解除できることとなります。(従来より規定されていましたが、保険法の条文に合わせ、具体的な規定とします。)

※この規定は、「改定前約款」にて締結されたご契約についても適用されます。 (経過措置)

改定3

被共済者による共済契約の解約ができるようになります

一定の条件を満たす場合には、被共済者が共済契約(その被共済者に関する部分のみ)を解約できるようになります。

改定4

時効

共済金請求権の消滅時効が従来の2年から3年に変更になります。

保険法対応以外による商品改定

保険法対応以外でも約款表現の平易化を含め、社会情勢の変化に対応するよう変更を行います。

改定5

業務上災害共済の「路上強盗・ひったくり被害てん補特約条項」の保障範囲が拡大されます

業務上災害共済では掛金を変更することなく、あらゆる強盗被害による業務用現金の損害を、路上強盗に限定せず強盗被害全般を保障するよう改定し、名称も「強盗・ひったくり被害てん補特約条項」と変更します。

改定6

社会情勢に鑑み、共済金をお支払いできない場合(免責規定)の見直しを行います

下表は共済金をお支払いできない場合の変更部分を抜粋してまとめたものです。詳細は約款をご覧ください。
改定前約款 新約款
共済契約者、被共済者、共済金受取人の故意 共済契約者、被共済者、共済金受取人の故意または重大な過失
被共済者が法令に定められた運転資格をもたないで、または飲酒状態もしくは麻薬、大麻、あへん、覚醒剤、シンナー等の影響により正常な運転ができない恐れがある状態で自動車、自動二輪車、原動機付自転車を運転している間に生じた事故 被共済者が法令に定められた運転資格をもたないで、または飲酒状態もしくは麻薬、大麻、あへん、覚醒剤、シンナー等の影響により正常な運転ができない恐れがある状態で自動車、自動二輪車、原動機付自転車もしくは船舶等を運転または操縦している間に生じた事故
被共済者の妊娠、出産、流産または外科的手術その他の医療処置 被共済者の妊娠、出産、早産、流産または外科的手術その他の医療処置
本組合は、原因の如何を問わず、頚部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛で他覚症状のないものに対しては、共済金を支払いません 本組合は、被共済者が頚部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛その他の症状を訴えている場合であってもそれを裏付けるに足りる医学的他覚所見のないものに対しては、当該症状の原因がいかなるときでも、共済金を支払いません
細菌性食中毒 細菌性食中毒またはウイルス性食中毒
山岳登はん(ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの)中に被った傷害 山岳登はん(ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの、ロッククライミング、フリークライミングをいいます)中に被った傷害
改定7

共済金種別の名称が変更になります

共済の共済金種別の名称が統一されます。
(例) 入院給付金 → 入院共済金

商品によって呼び方が違うことによる誤解をなくすように名称を改めます。詳細は約款をご覧ください。

改定8

共済掛金引落不能の場合の手続き方法が変更されます

第2回目以降の分割掛金が2か月分振替不能であった場合、次回分割掛金と併せて3か月分を翌月の10日までにコンビニエンスストアにて払込みをお願いいたします。